作業者

水漏れ修理は実績のある専門業者に依頼しよう

赤水を発生させないために

水道管

給水管に施す対策

蛇口をひねったら赤い水が出てきた、そんなトラブルも長らく使ってこなかった古い物件などではよく発生します。いわゆる赤水と呼ばれる現象で、この赤い色は水に赤錆が混じる事によって生じます。この赤錆は給水管が劣化することによって発生したもので、老朽化によって発生する場合や給水管の材質によっても発生しやすい場合があります。赤水を摂取したとしても健康に害はありませんが、錆臭く見た目も悪いので飲用水には向きません。こうした赤水が発生してしまえば、当然対策を取らなければなりません。ですが今現在問題が無くても、給水管はいずれ劣化します。そのため後々の事を考えて、給水管赤錆対策は必須となります。特にビルなどは給水管の補修に膨大な時間と費用がかかるため、一般家庭よりも給水管赤錆対策をしっかりと行う事が結果としてコストを抑える事にもつながります。まず給水管赤錆対策として、給水管を錆びにくいものにするという根本的な対策があります。新築の物件を建てる場合には、まずここから始めるのが効率的でしょう。基本的に現在の給水管は、古いものに比べて赤錆は発生しにくくなっています。とはいえまったく赤錆が発生しないわけではありません。給水管の継ぎ手部分は錆に弱く、ここから赤錆が発生する事例があります。そこでパテで継ぎ手部分を覆ったり、水に磁気を与えて赤錆を抑制するなどの給水管赤錆対策があります。特に水を処理して赤錆の発生を抑制する給水管赤錆対策は、設置するのに大規模な工事がいらないというメリットもあります。ですから、既存の建物の給水管赤錆対策としても有効です。