作業員

水漏れ修理は実績のある専門業者に依頼しよう

水道管

赤水を発生させないために

給水管に赤錆が発生することで生じる赤水を防ぐには、事前に給水管赤錆対策をとっておく必要があります。給水管を錆びにくい材質のものに交換するのはもちろんですが、継ぎ目のパテ処理や水の磁気処理などによって、長く良い状態を保てるようにする給水管赤錆対策が必要です。

蛇口

悪質な業者に気を付ける

生活に欠かせない水道ですが、水漏れや排水溝の詰まりなど、様々なトラブルが発生することもあります。そうなると床が水浸し、家電製品が故障したり、階下へ迷惑が掛かったりする場合もあります。そのため素早い水道修理が求められます。しかし、中には悪質な水道修理業者もいるので、焦らず探すようにしましょう。

水漏れのトラブルを解決

工具

修理業者を選ぶポイント

自宅が老朽化してくるにつれて、水回りのトラブルは自然と増えていきます。台所のシンク下にある排水管から水が漏れたり、トイレタンクの水が止まらなかったり、など。蛇口のパッキンぐらいならDIYで替えることができますが、こうなったらもうお手上げ状態です。あたりが水びたしになると、床も傷むのでパニックになってしまい、慌てて水漏れ修理業者を呼んでしまいます。でも、水漏れ修理業者といってもピンからキリまであるのはご存じですか。残念なことですが、悪質な業者も確かに存在する業界です。ですので、水漏れをしたときは、まず、水漏れをしている器具の止水栓を止めてください。止水栓がないか、水漏れの原因が分からない場合は、必要な水だけバケツに汲んで、水道メーターについている止水バルブを止めましょう。それから、落ち着いて水漏れ修理業者を探す作業に入ります。では、良質な水漏れ修理業者を選ぶには、どうしたらよいのでしょうか。インターネットで調べるのが一番手っ取り早いです。匿名掲示板やSNSには、口コミ情報が満載です。いくら安くても、こういったところで悪評が立っている業者は選ばないほうが無難でしょう。また、地元の水道局に問い合わせてみるのも、一つの手段です。水道メーターまでの範囲の漏水トラブルは水道局の管轄ですが、水道局には、それ以外の場所が漏水した場合の苦情も来るので、業者に詳しいのです。水道局が紹介してくれる業者は、地元で着実に営業しているところが多いので、安心です。

工具

依頼するときのポイント

水漏れ修理はとりあえず止水栓を閉めて応急処置として対応しましょう。特に深夜に依頼すると深夜料金になり通常の倍以上の料金が掛かるので注意してください。千葉で依頼する時には千葉エリアに対応している業者に依頼する必要があります。